関節痛はボルタレンで解消

関節痛にはさまざまな原因がありますが肩や手首、膝などよく動かす関節の痛みが強いあまりに日常生活に支障をきたしている場合、まずは痛みを和らげることが先決になります。
激痛のあまり腕が動かせなくなる五十肩こと肩関節周囲炎など市販薬の痛み止めでは緩和が難しい強い痛みもボルタレンであれば、痛みの原因となる炎症を鎮める作用が強力なことから効果的な改善に繋げられます。

ボルタレンは非ステロイド抗炎症薬という系統の中でも特に強力な作用を持っています。
有効成分ジクロフェナクナトリウムが炎症や痛みの原因となるプロスタグランジンという物質の生成に関わる酵素を阻害することで消炎や解熱鎮痛効果を発揮します。
ボルタレンは関節につらい痛みや腫れを起こす原因物質そのものが増えて活動するのを抑えることで症状を和らげる効能を持っており、少し動かしただけで激痛が走る関節痛に最適な痛み止めとなります。

ボルタレンが持つ非常に強力な抗炎症作用は有効成分ジクロフェナクナトリウムの働きによるものです。
薬効の強さゆえに錠剤と座薬は劇物指定されるほどとなっており、一般的な解熱鎮痛薬と違って病院で診察を受けた上で処方される薬になっています。
ボルタレンは使い続けると薬が効きにくくなるため服用できるのは強い痛みが出る間と限られています。
長期服用するほどに高い効果と裏腹の副作用が出やすくなることもあって、市販薬は無く処方薬のみの抗炎症薬です。

関節痛などの痛みや炎症を緩和させる作用の強力さに加えて、ボルタレンには飲み合わせに注意が必要な薬が多く、利尿剤の中には併用厳禁の種類もあります。
そのほか抗凝血薬や抗真菌薬、降圧剤や抗うつ薬など、関節痛以外の持病で薬を服用中の人は特に注意が必要とされ、日ごろ服用している薬とボルタレンが併用可能かどうか、医師や薬剤師に確認することが重要となります。
一般的な解熱鎮痛薬と違って関節痛が続く限りずっと飲み続けられるタイプの薬ではないことを自覚する必要があります。

ボルタレンで胃腸の調子が悪くなったら胃腸薬を併用

ボルタレンは関節痛などの激痛を起こす原因物質プロスタグランジンの生成を抑える作用で痛みを効果的に緩和し、速やかに炎症部分の熱を下げることができる非ステロイド抗炎症薬という系統の薬です。
他の種類の解熱鎮痛薬では鎮めるのが難しい激しい痛みを和らげる効能も持っており、手術や抜歯の後に生じる激痛を緩和する鎮痛薬としても重宝されています。
一方で、高い効能ゆえに起こりやすい副作用に細心の注意が必要な薬でもあります。

ボルタレンを服用し続けることで最も生じやすい副作用は胃腸の不調を招くことで、長期間服用し続けると胃かいようを発症する心配があります。
ボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムが生成を抑制する痛みの原因物質プロスタグランジンは、痛みを引き起こすマイナス面だけでなく胃粘膜保護や胃酸の分泌を抑えるといった働きも担っているため、ボルタレンがプロスタグランジンを抑制し過ぎると胃を守る粘膜があまり作られない状態になり、胃が荒れてしまう状態になります。
胃に負担がかかりやすい抗炎症薬であるため、ボルタレン服用の際は胃腸薬も一緒に処方されることもあります。
併用不可や要注意の薬が多いボルタレンですが、胃粘膜保護に高い効果を発揮する胃腸薬は、むしろ飲んでおくほうが胃に生じる副作用を避けることにも繋げられます。

優れた抗炎症作用や激しい痛みの緩和のほか熱を下げる作用も持つボルタレンですが、インフルエンザの高熱を下げるための服用は禁じられています。
ボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムがインフルエンザ脳症・脳炎の重症化に関わっている疑いがあるためで、良かれと思って服用したボルタレンで思わぬ重篤な症状を招くリスクが高まることがあるという認識も持っておく必要があります。